水位雨量測定装置

KADEC21-MIZU

SPEC

  • 製品カテゴリ: ,
  • KADEC21-MIZU-C : カードモデル
  • KADEC21-MIZU-N2 : Eメールモデル(KDDI専用 3G又は4G)
  • KADEC21-MIZU-N3 : Eメールモデル(SIMカード 4G NTTドコモ・KDDI対応)

共通機能

水位雨量測定装置KADEC21-MIZUは、水位と雨量を同時に測定するための専用器です。
使用する水位センサーは、SUS製の半導体感圧素子を使用しており、水圧に比例した電圧を出力します。
水面の大気圧変化は、感圧素子から伸びた大気開放パイプによってキャンセルしています。
またセンサー内部の温度補償回路により、水温変化による誤差を自動的に補正しています。
雨量計は、転倒マス式の雨量計に対応しており、出荷時の標準設定は0.5ミリ/1パルスに設定しています。

カードモデル

データ回収はメモリカードで行います。CFカード、またはSDカードに対応しています。(工場出荷時選択)※2、3

Eメールモデル N2 シリーズ(KDDI専用)

Eメール送受信機能を付加した記録計で、記録計本体に通信モジュールを内蔵、指定したメールアドレスにデータを転送します。※2
データ転送の他に、あらかじめ設定した閾値超過時にアラートメールを送信することもできます。
KDDIの専用通信モジュールを内蔵しており、3G又は4Gのいずれかに対応しています。※4

Eメールモデル N3 シリーズ(SIMカード対応)

Eメール送受信機能を付加した記録計で、記録計本体にSIMカードを挿入し、NTTドコモ・KDDIに対応した4G通信が可能です。
また、SIMカードを差し替えるだけで、簡単に他の機種への回線移行が可能になりました。(※ソフトバンク回線は出荷時オプション)

指定した最大6カ所のメールアドレスにデータを転送します。
データ転送の他に、あらかじめ設定した閾値超過時にアラートメールを送信することもできます。

CR123Aを2本、通信用電池として内蔵しており、電池だけで1年以上の通信が可能です。※1
長期観測の場合、太陽電池システムを組み合わせることにより、商用電源無しでの運用も可能です。(オプション)

※1:インターバルにより変動します。
※2:メモリカード転送機能とEメール転送機能は同時に使用できません。ご購入時にモデルを指定してください。
※3:2021年よりカードモデルは、SDカード対応モデルのみの販売となります。
※4:KDDIでは、2022年3月末をもって、auの3G携帯電話向けサービス「CDMA 1X WIN」が終了します。これにより、3G用通信モジュールを搭載してるEメールモデルは利用不可となります。4G用通信モジュールへの移行が必要ですので販売店にご相談ください。

ダウンロードファイル最新データ

製品サポート